書籍フォロー

  1. 『期待するー期待される』仕組みを作ろう!
  2. 人間関係の重要性を再認識しよう!
  3. 投資をするならまずは自己投資から!!
  4. 計画された偶然性理論
  5. 自律型人材とは?

1. 『期待するー期待される』仕組みを作ろう!

会社で「できるヤツ」と認識されるためには自分から仕掛けていくことが大事!
野崎はメラビアンの法則とピグマリオン効果を組み合わせて行動した。

期待するー期待される』仕組みを作ろう!

メラビアンの法則

話の内容そのものより、声の大きさや口調などの話し方や表情などの非言語要素の方が、相手に与えるインパクトが大きい。見た目や表情などのボディーランゲージが55%、声の大きさや口調など話し方が38%、話の内容は7%となっており、見た目だけで93%を占めている。

ピグマリオン効果

人は他者から期待されたように成果を出す傾向があるということ。

2. 人間関係の重要性を再認識しよう!

「仕事ができれば特に人間関係は気にしなくてもいい」と勘違いしている人がいるが、そのような考えでは自分の仕事は発展しない。その結果として成長速度が遅くなる。社内で人間関係が良好であると自分が困った時に助けてもらえるし、相手に質問しやすい。

人間関係の良い職場では前向きな気持ちで働くことができる。特に新人のうちは良い人間関係の構築に注力すべきである。

野崎の例

サラリーマン時代

サラリーマン時代

野崎 独立後

野崎 独立後

人間関係でできたメディア実績

J-CAST 会社ウォッチにてコラムを連載中

http://www.j-cast.com/kaisha/

「できるヤツ」と思わせる20のコツ
「できるヤツ」と思わせる20のコツ
平成20年11月14日より連載

ヨソでは言えない社内トラブル
ヨソでは言えない社内トラブル
平成21年4月14日より連載

書籍での紹介

ブラック企業とシュガー社員

H21年4月4日発売
第4章 「シュガー社員がまともな社会人になるには?」
※対談形式で掲載 P204-215


躍進する若手起業家15の挑戦

H21年6月10日発売
無職から社会保険労務士へ転身!その経験を若い世代へ
※インタビューで掲載 P130-139


小さな会社の頭のいい社長がやっている『仕掛け営業術』

H21年21年8月1日発売
なぜ凡人が20回連載のコラムを書けたのか?
※インタビューで掲載 P96-98

3. 投資をするならまずは自己投資から!!

自己投資は身を助く!このご時世で頼りになるのは自分である。自分を磨き、能力を高めていくことが大事!
投資したお金は必ず何らかの形で戻ってくるはず。

自己投資5ヶ条

  • その1 インプットなくしてアウトプットならず
  • その2 読書は最も安価でかつ効率的な勉強法
  • その3 量をこなせば質に転化する
  • その4 脳内の知識には税金がかからない
  • その5 自己投資は最も確実な投資である

自分の成長 評価UP 収入の増加 自信

学ぶ事は大切だがアウトプットしなければ意味が無い。口先だけの評論家にはなるな!!

ゴールデンサイクル

勉強する ⇒ 仕事に生かす ⇒ 反省・復習・改良 ⇒ 仕事に生かす

毎日0.1%成長しよう
1年後 1.44% 5年後 6.197% 10年後 38.404%・・・になる。

4. 計画された偶然性理論

自分のキャリアを意識する人が増えてきたが、理想のキャリアを築くためには行動することが大事である。キャリアというのは偶然が重なってできるということも覚えておくと良い。

計画された偶発性理論とは?

スタンフォード大学のクランボルツ教授が提唱している理論。キャリアとは偶然性によって支配されているものであり、偶然をもたらすための日々の行動、あるいは偶然があった時にそれを自分のものにできるように能力を磨いておくことは、キャリア形成に極めて重要である。

チャンスを活かすための5つのスキル

  1. 好奇心    常に学ぶ機会を得るようにする
  2. 持続性    困難があっても続けられる
  3. 柔軟性    環境に合わせて適応する
  4. 楽観性    きっとできると思う
  5. リスクテイク 不確実な状況でも行動する

偶然のチャンスをものにできるかどうかは自分の能力や行動次第である。
自分の道を見つけるには「やってみるしかない」ということ。

5. 自律型人材とは?

会社で求められているのは円滑なコミュニケーションを通じて良好な人間関係を築き、周囲と協力しながら自ら考えて行動することができる人材である。

自立と自律の違い

自立は一人立ちという意味はあるが、自分中心度が強い言動が多く見られる。
世間ではこちらの認識が強い!(極論を言うと自分が良ければそれで良いというスタンス)

自律は自分が決めたルールに従って自分自身をコントロールし、周囲と連携しながら仕事を進める。

自律型人材のキーワード

  1. やりきる力 (すぐにあきらめない、逃げない)
  2. 自分を客観視する (強み、弱み、コアなスキル)
  3. 自分の理想イメージを作る (理想となるお手本をマネする)
  4. 空気を読む (対人、場)
  5. コラボレーション (周囲との協力)

取扱オンラインストア

amazon

推薦者の声

推薦者の声

著者執筆メディア

ヨソでは言えない社内トラブル

「できるヤツ」と思わせる20のコツ

Hunt&Company 社会保険労務士事務所

ツイッター